第151回研究例会のお知らせ 

第151回研究例会を下記の日程にて開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

 日 時:9月10日(日)13:00~
 会 場:清心館 3階 533教室
 参加費:無 料

  ***** 題目・要旨 *****

◆『古事記』仁徳天皇条にみられる儒教思想
   ――「聖帝世」と「因無礼而、退賜」に着目して――
  立命館大学大学院博士課程前期課程  吉川 益弘

 本発表では、『古事記』仁徳天皇条において、仁徳天皇の聖帝伝承、及び大后石之日売命が女鳥王の叛逆を咎める話に着目し、先行研究により指摘される儒教思想の影響の実証性について、再検討する。
 その際、『古事記』仁徳天皇条の中で、「聖帝世」「無礼」の二つの儒教的色彩の強い語が記される箇所から、それぞれが具体的にどの儒教経典の記述・思想と対応するのかを明らかにすることにより、先行研究に指摘される儒教思想の影響が確かなものであることを示したい。
 

◆谷崎潤一郎「ハッサン・カンの妖術」論
   ――「ハッサン・カン」の〈魔法〉について
  立命館大学大学院博士課程前期課程  カ シュリン

 「ハッサン・カンの妖術」は、大正6年11月に「中央公論」に発表された作品である。先行研究では、芥川龍之介の「魔術」(『赤い鳥』、大9.1)と比較し、両者の相違について論じるのが主流である。同じくインドを題材にした「玄弉三蔵」(「中央公論」、大6.4)と「ラホールより」(「中外新論」、大6.11)への注目は少ない。本発表では、「玄弉三蔵」と「ラホールより」をサブテキストとして、インド思想をめぐる同時代の言説に着目しながら、「霊魂」を肉体から離脱させるという「ハッサン・カン」の〈魔法〉について考察していきたい。


◆『夜の寝覚』の手紙
  立命館大学大学院博士課程後期課程  池田 彩音

 『夜の寝覚』は、平安時代後期に作られた物語である。この物語は、一貫して一人の女君を中心に据えて物語を進めていった点に特徴がある。男君に比べて行動範囲や交流範囲も限られた女君を中心人物とする上で、物語はどのような工夫を施したのだろうか。
 本発表では、空間や時間の隔たりを縮める役割を担う手紙に着目し、分析を行う。その上で、物語展開における手紙の機能を明らかにし、女君に焦点化していく物語の方法について提示する。


◆『愚管抄』の幼学性――受け継がれる「権者」の系譜――
  近江高等学校常勤講師  児島 啓祐

 『愚管抄』は、摂関家出身の天台僧慈円が承久の乱直前に著した歴史の注釈書である。従来指摘されてきた通り、『愚管抄』には、歴史上の重要人物と、その系譜に連なる語り手自身を「権者」(仏菩薩の仮の姿)として捉える態度が認められる。本発表では、これまでの成果を踏まえた上で、読者を「権者」へと成長させようとする『愚管抄』の幼学の意識を読み解いていきたい。注釈としての『愚管抄』の特質は、「仏法」と結びついた幼学性にこそ見出されるのである。

中川成美『戦争をよむ 70冊の小説案内』刊行のお知らせ 

本学特任教授の中川成美先生の新著『戦争をよむ 70冊の小説案内』が7月20日、岩波書店から刊行されました。
どうぞご覧くださいませ。

中川成美『戦争をよむ』

以下が目次となります。

まえがき 文学は戦争とともに歩んだ
第1章 戦時風景
 1 徳田秋声『戦時風景』
 2 火野葦平『麦と兵隊』
 3 小林信彦『ぼくたちの好きな戦争』
 4 富士正晴『帝国軍隊に於ける学習・序』
 5 大岡昇『野火』
 6 野間宏『顔の中の赤い月』
 7 ジョン・オカダ『ノーノー・ボーイ』
 8 古処誠二『接近』
 9 江戸川乱歩『防空壕』
 10 大城立裕『日の果てから』
 11 梅﨑春生『桜島』
 12 原民喜『夏の花』
 13 安部公房『変形の記録』
第2章 女性たちの戦争
 1 壺井栄『二十四の瞳』
 2 角田光代『笹の舟で海をわたる』
 3 田村泰次郎『蝗』
 4 森三千代『新嘉坡の宿』
 5 高橋たか子『誘惑者』
 6 ベルンハルト・シュリンク『朗読者』
 7 宮田文子『ゲシュタポ』
 8 スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ『戦争は女の顔をしていない』
 9 リリアン・ヘルマン『眠れない時代』
 10 大田洋子『ほたる』
 11 林芙美子『浮雲』
 12 池田みち子『無縁仏』
第3章 植民地に起こった戦争は――
 1 藤森節子『少女たちの植民地――関東州の記憶から』
 2 吉田知子『満州は知らない』
 3 張赫宙『岩本志願兵』
 4 梶山季之『族譜』
 5 小田実『「アボジ」を踏む』
 6 中村地平『霧の蕃社』
 7 モーナノン『僕らの名前を返せ/燃やせ』
 8 バオ・ニン『戦争の悲しみ』
 9 ティム・オブライエン『本当の戦争の話をしよう』
 10 多和田葉子『旅をする裸の眼』
第4章 周縁に生きる
 1 小林多喜二『転形期の人々』
 2 佐多稲子『キャラメル工場から』
 3 徳田秋声『勲章』
 4 松本清張『遠い接近』
 5 児玉隆也『一銭五厘たちの横丁』
 6 北杜夫『輝ける碧き空の下で』
 7 カズオ・イシグロ『遠い山なみの光』
 8 安本末子『にあんちゃん』
 9 東峰夫『オキナワの少年』
 10 永山則夫『無知の涙』
 11 フェデリコ・ガルシーア・ロルカ『ジプシー歌集』
第5章 戦争責任を問う
 1 ドルトン・トランボ『ジョニーは戦場へ行った』
 2 アーネスト・ヘミングウェイ『兵士の故郷』
 3 石川淳『マルスの歌』
 4 山田風太郎『戦中派不戦日記』
 5 竹内浩三『戦死やあわれ』
 6 坂口安吾『戦争論』
 7 平林たい子『盲中国兵』
 8 中野重治『五勺の酒』
 9 後藤みな子『炭塵のふる町』
 10 結城昌治『軍旗はためく下に』
 11 ノーマ・フィールド『天皇の逝く国で』
 12 パトリック・モディアノ『1941年。パリの尋ね人』
 13 ボリス・シリュルニク『憎むのでもなく、許すのでもなく』
終 章 いまここにある戦争
 1 ジョージ・オーウェル『一九八四年』
 2 目取真俊『水滴』
 3 パスカル・メルシエ『リスボンへの夜行列車』
 4 シリン・ネザマフィ『白い紙/サラム』
 5 ヤスミナ・カドラ『カブールの燕たち』
 6 リービ英雄『千々にくだけて』
 7 ミシェル・ウエルベック『服従』
 8 高野悦子『二十歳の原点』
 9 笙野頼子『姫と戦争と「庭の雀」』
 10 伊藤計劃『虐殺器官』
 11 津島佑子『半減期を祝って』
ブックリスト
あとがき

詳しくは岩波書店のHPをご覧ください。

2017年度国語教育ゼミナール夏季大会のお知らせ(2017年7月30日(日)13:30~) 


2017年度国語教育ゼミナール夏季大会を下記の日程で開催いたします。
皆さまのご参加をお待ちいたします。

日時:7月30日(日) 13:30~16:25
場所:立命館大学衣笠キャンパス 清心館3階534教室

    ****プログラム****

◇開会の挨拶

◇実践報告・講演

Ⅰ部・実践報告(13:35~15:05) 
「教育実習を終えて」   林 渓太 氏(本学文学部教育人間学専攻5回生)
「教育実習を終えて」   西川 奈那 氏(本学大学院日本文学専修博士前期課程1回生)
「落語と国語教育」    児島 啓祐 氏(近江高等学校常勤講師)

  Ⅱ部・資料紹介(15:05~15:15)
 「火鍋通信101号「惠みの雨」」 安藤 勝志 氏(元浜松大学教授)

◇休憩(15:15~15:25)

 Ⅲ部・講演 (15:25~16:25)
 「太宰治「猿が島」の授業―理系の学校で国語を教える―」 井上 千鶴子 氏(大阪府立大学工業高等専門学校教授)

◇閉会の辞

◆懇親会(16:40~)
場所:清心館3階 日本文学共同研究室
予算:3,000円程度(実費)
*事前にお弁当を注文いたします。

「論究日本文學」第106号発刊のお知らせ  

「論究日本文學」第106号が発刊されました(2017年5月)ので、お知らせします。
学術論文2本、書評・新刊紹介など、バラエティに富んだ誌面となっております。
どうぞご覧くださいませ。

女性作家の見た〈南方〉
――林芙美子と佐多稲子のスマトラ――
鳥木圭太
個食の光景
――吉本ばなな『キッチン』の家族――
泉谷瞬
〔書評〕禧美智章著『アニメーションの想像力―文字テクスト/映像テクストの想像力の往還―』 西田谷洋
〔書評〕松本孝三著『北陸の民俗伝承 豊穣と笑いの時空』 山本淳
〔新刊紹介〕秦重雄・家長知史・岩井忠熊著『『永遠の0』を検証する ただ感涙するだけでいいのか 』 小原亨
〔新刊紹介〕丸山顕徳編著『大和の歴史と伝説を訪ねて』 林ひかり

【追記】2017年7月12日
「論究日本文學」第106号のWeb公開の作業が完了いたしました。
下記のWebサイトから閲覧可能です。
→「論究日本文學」Web公開サイト
どうぞご覧くださいませ。

【レポート】第61回立命館大学日本文学会大会 

6月11日に行われた第61回立命館大学日本文学会大会は、無事盛会にて終えることができました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

大会の様子の一部を、写真とともにご紹介します。

研究発表は、昨年度の卒業生、院生、海外からお招きした研究者による4本が行われました。時代やジャンル、国境をも横断しながら日本文学を考えていこうとする4名のご発表はとても示唆に富んだものでした。質疑応答も、学部生も含め活発に行われました。

taikai17-1

研究発表の後、木股知史先生が「画文共鳴あれこれ」という題でご講演くださいました。現在、デジタルアーカイブや雑誌の復刻版の発行など研究環境が飛躍的に向上しつつあります。しかし、木股先生は原本を直接手にとって、挿絵や出版手法などを想像していくことの重要性を指摘されました。挿絵や装幀といった点に留まらず、その本の持つ手触りや匂いなども想起させられたご講演でした。

taikai17-2

学会終了後は、末川記念会館地下のレストランカルムにて、懇親会が行われました。

taikai17-3

なお、会場にお越しくださった会員の方には『論究日本文学』最新号の106号をお渡ししました。
残念ながらお越しになれなかった方には、後日お送りいたします。今しばらくお待ちください。