【重要】 『論究日本文學』オープンアクセス化のお知らせ、及びお願い 

『論究日本文學』でこれまで論文等を御執筆くださった方々へ、オープンアクセス化に伴う重要なお知らせです。
お手数ではございますが、下記案内をお読みいただき、著作権をお持ちの論文等のオープンアクセス化の諾否につき、ご連絡くださいますよう、何卒お願い申し上げます。
なお、ご住所のわかる執筆者の方には、同様の文面の諾否確認の書類を郵送しております。届きましたら、どうぞご確認ください。

▼お知らせ文面(PDF)



2016年9月23日

『論究日本文學』執筆者各位
立命館大学日本文学会長
小 椋 秀 樹

『論究日本文學』オープンアクセス化のお知らせ、及びお願い

拝啓 時下、ますます御清栄のこととおよろこび申し上げます。
 さて、2016年6月12日に開催された立命館大学日本文学会総会において、会の機関誌である『論究日本文學』の電子化とインターネットを通じた公開(オープンアクセス化)が承認されました
今後、編集委員会を中心に作業を進め、2017年度大会までに公開を完了させる計画で事業を実施して参ります。

 電子化ならびに公開にあたっては、これまでの執筆者に対して許諾を得るとともに、公開に不同意の執筆者の論文等は、事業の対象から除きます。就いては、ご自身が著作権をお持ちの論文等につきまして、オープンアクセス化の諾否を郵便またはメールにてご連絡ください

 2016年11月30日までに拒絶のお申し出があった方々の論文等については、最初から電子化の対象から外します。
共著によって執筆された論文等については、その中のお一方から不同意の意思表示があれば、それを以て全体の拒絶と見なします。
お申し出がなかった方々の論文等については、黙示の許諾があったものと見なしまして、電子化・公開の作業を進めます。

 複数本掲載している論文等のうち特定の論文を不可とする、あるいは論文中の画像や図版のみを不掲載とし本文のみの公開を認めるなど、ご要望に応じてできる限りの対応をいたします。
公開にあたってご希望がございましたら、メールもしくは郵便にて、論文名・掲載巻号とともにご要望の内容を具体的にご指示ください

 執筆者のみなさま全員と連絡がとれるよう手を尽くしますが、退会や転居等によってそれが能わない場合もあるかと存じます。
連絡がとれなかった方々に対しては、『論究日本文學』の誌面や学域・学会ホームページでご案内を継続して参ります。
公開後においても、著作権者及び著作権継承者からのお申し出があれば、速やかに該当論文等の公開停止措置をとることといたします。

 本件につきまして、ご意見・ご質問等ございましたら、以下の連絡先までお問い合わせ下さい。
 以上、『論究日本文學』のオープンアクセス化についてのお知らせ、及びこれまでの執筆者の方々へのお願いにつき、みなさまのご協力、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
敬具 

担当: 『論究日本文学』編集委員会
 編集長 : 内藤由直
 事務担当 : 池田彩音・宮田絵里
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
            立命館大学文学部内
メール : rronkyu[at]gmail.com ←[at]を半角「@」に変更してください。

【案内】くずし字研究会10月の予定 

くずし字研究会より、10月の開催予定のお知らせです。
      →くずし字研究会の趣旨や概要についてはこちら



くずし字研究会の活動につき、10月の予定をお知らせいたします。
日によって、時間が変わります。
もしご都合のつく日時がございましたら、ご興味のある方は下記までご一報ください。
場所等、詳細をご案内いたします。
もちろん、お試しでの参加もOKです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*
 10/5(水) 18:30~

 10/12(水) 12:15~(昼休み)

 10/19(水) 18:30~

 ※以降未定
*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*

■問い合わせ先: くずし字研究会事務局
  ml-kuzushiji★ml.ritsumei.ac.jp ←★を半角「@」に変えてください。