スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「論究日本文學」バックナンバー目次(第3号)  

第3号(1955年6月)

寝覚・浜松の成立順序に関する旧説の批判 鈴木弘道
馬琴の読本に描かれた悪人について 山川一安
能にあらはれた自然 味方健
啄木「愁ひ来て丘にのぼれば」の歌 和田繁二郎
〔研究会ノート〕鴎外「舞姫」のテエマについて 芦谷信和
〔書評〕大久保忠利氏訳
   「ハヤカワ思考と行動における言語」
小嶋孝三郎
→『論究日本文學』Web公開サイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。