「論究日本文學」バックナンバー目次(第90号) 

第90号(2009年5月)

交差する詩精神
 ―萩原恭次郎『死刑宣告』と中野重治「驢馬」所載詩論―
村田裕和
地下楽家の説話生成と理論構造
   ―『教訓抄』を中心として―
猪瀬千尋
中島敦「虎狩」論
   ―語りの手法と「虎」イメージの分析を中心に―
楠井清文
「山月記」の授業 九野里信夫
〔書評〕木股知史著
   『画文共鳴――『みだれ髪』から『月に吠える』へ』
河野有時
〔書評〕『不安に生きる文学誌』
   あるいは「コロンブスの卵」を読む
平野芳信
→『論究日本文學』Web公開サイト