「論究日本文學」バックナンバー目次(第51号) 

第51号(1988年5月)

近世語の言語景観小見
   ―近畿・東海方言の地理的状況をめぐり―
彦坂佳宣
浜松中納言物語試注―「わうかくしやう」を起点として― 中西健治
『今昔物語集』天竺部の構成
   ―同文的同話をてがかりとして―
原田信之
芥川龍之介と芸術至上主義
   ―芸術的価値をめぐって―
吉岡由紀彦
志賀文学における大正五年の転換
   ―初期志賀直哉の性と文学(二)―
富澤成實
〔書評〕秋山公男著
   『漱石文学論考――後期作品の方法と構造――』
戸田民子
〔書評〕宮岡薫氏著『古代歌謡の構造』を読む 駒木敏
〔書評〕上田博著『石川啄木の文学』を読む 太田登
→『論究日本文學』Web公開サイト