「論究日本文學」バックナンバー目次(第53号) 

第53号(1990年5月)

『大和物語』在中将諸段の構成
   ―第一六〇段~一六六段―
森本茂
『伏屋の物語』から『秋月物語』へ
   ―『住吉物語』との関わりを中心として―
真下美弥子
「かさね」の句成立考 小林孔
森鴎外「金毘羅」論 瀧本和成
芥川龍之介・習作期の検討―小説的表現の生成― 友田悦生
→『論究日本文學』Web公開サイト