「論究日本文學」バックナンバー目次(第54号) 

第54号(1991年5月)

『ある晴れた日に』私注―高見順〈南洋行〉(二)― 木村一信
『恋塚物語』論―御伽草子の方法― 小林美和
太山寺本『曽我物語』〈今の慈恩寺是なり〉攷
   ―仮名本の成立時期をめぐって―
村上美登志
『浜松中納言物語』唐后をめぐる中納言の言いつくろい考
 ―京の生活の人間関係と若君の処遇が意味するもの―
松浦あゆみ
記紀歌謡物語論序説 末次智
〔書評〕故本田義寿著『記紀万葉の伝承と芸能』 真下厚
→『論究日本文學』Web公開サイト