「論究日本文學」バックナンバー目次(第78号) 

第78号(2003年5月)

ある幕末庶民の米欧体験―『広八日記』の世界とことば― 彦坂佳宣
『平家物語』成立の論理 小林美和
正宗白鳥『落日』の光景―転機としての明治四二年秋― 伊藤典文
大江健三郎と魯迅―『取り替え子』と『薬』をめぐって― 霍士富
京都橘高校の授業改革のとりくみ 前芝憲一
〔書評〕野村幸一郎著
 『森鴎外の歴史意識とその問題圏――近代的主体の構造――』
辻本千鶴
〔書評〕外村彰著『近江の詩人 井上多喜三郎』 河野仁昭
→『論究日本文學』Web公開サイト