「論究日本文學」バックナンバー目次(第88号) 

第88号(2008年5月)

夏目漱石と〈京都〉
   ―小説『門』に於ける宗助と御米の出逢い―
瀧本和成
室生犀星の詩と庭―〝つち澄み〟の美意識― 外村彰
交錯する〈 社会主義 〉
   ―中條百合子「ズラかった信吉」論―
池田啓悟
『大和物語』第百三十九段考
   ―「故兵部卿宮」は元良親王か?―
高橋照美
祭祀される忠度の腕
   ―伝承を引き寄せる場をめぐって―
大坪舞
西沢一風作『好色極秘伝』考
   ―浄瑠璃段物集・浮世草子との関連―
石上阿希
表現学習『千の風になって』
   ―平成一八年度の国語表現から―
金澤ひろあき
→『論究日本文學』Web公開サイト