「論究日本文學」バックナンバー目次(第89号) 

第89号(2008年12月)

ある儒者の幕末―菊池三渓伝小攷― 福井辰彦
『万葉集』「玉敷く」の表現性 小田芳寿
諏訪流の鷹術伝承―みさご腹の鷹説話をめぐって― 二本松泰子
栄海の聖徳太子観について
   ―貞和二年題未詳講式を中心に―
本多潤子
謡曲『定家』の歌結び考 今井孝子
「怒り」という感情の生成
   ―中野重治「万年大学生の作者に」について―
鳥木圭太
〔新刊紹介〕外村彰編『高祖保書簡集 井上多喜三郎宛』 野田敦子
→『論究日本文學』Web公開サイト