「論究日本文學」バックナンバー目次(第95号) 

第95号(2011年12月)

江戸後期浮世絵の共作見立揃物
   ―「東海道五十三対」の意義をめぐって―
赤間亮
大堰での食事―『源氏物語』薄雲巻における― 荻田みどり
『源氏物語』における〈絵を描くこと〉の力
   ―絵合巻を中心に―
小川千文
狭衣物語巻四飛鳥井女君詠二首における異文
   ―諸本間の異同と本文の解釈―
須藤圭
目取真俊の台湾表象
   ―「魚群記」「マーの見た空」をめぐって―
山原公秋
〔書評〕中西健治編著
      『源氏物語忍草の研究 本文・校異編 論考編』
      『同 自立語索引編』
原豊二
〔新刊紹介〕
  「草創期のメディアに生きて 山田美妙没後100年」展
  編集委員編『日本近代文学館特別展
  「草創期のメディアに生きて 山田美妙没後100年」展図録』
武田悠希
『源氏物語』の「さうざうし」 川口敦子
→『論究日本文學』Web公開サイト