第61回立命館大学日本文学会大会のお知らせ 

下記の通り、第61回立命館大学日本文学会大会を行います。
多数の方々の参加をお待ちしております。



■日時: 2017年6月11日(日) 13時00分~17時20分
■会場: 立命館大学衣笠キャンパス 以学館31教室
               
■内容
◇研究発表(13:00〜15:25)
① 空の名残がうつすもう一人の「兼好」
   ―第二十段から見る『徒然草』における慈円と西行の影響―
    庄司 真理 [本学卒業生]
② 書き変わる〈日本〉と〈東欧〉―横光利一のブダペスト体験―
    中井 祐希 [本学博士後期課程]
③ 『丹後国風土記』「浦嶼子」における「芳蘭」の考察
    砂田 和輝 [本学博士前期課程]
④ 近年のベトナムにおける文学研究(俳句を中心に)
    グエン・ニュー [客員研究員・ホーチミン社会科学人文大学]

◇講  演 (15:40~16:40)
   画文共鳴あれこれ
    木股 知史 [甲南大学文学部日本語日本文学科教授]

◇ 総  会 (16:50~17:20)
◆ 懇 親 会 (17:30~19:30)
 会場: レストランカルム
 会費: 5,000円(学部生・院生は3,000円)