文学研修旅行の開催予定【参加申込締切済】 

既に参加申し込みは締め切ってしまいましたが、
7月7日~8日開催の文学研修旅行についてお知らせします。
今年は、三重県松阪市~伊勢市です。

伊勢神宮は言わずもがな、古典文学作品に数多く登場する特別な場所です。『古事記』1300年、『方丈記』800年、式年遷宮と記念的な年である2012年度の文学研修にはふさわしい場所だと思います。
西行や長明や芭蕉といった旅に生きた人々も訪れました。
近世には、お伊勢参り(お蔭参り)が庶民の間でも流行しました。
松阪は、近世国学の大成者である本居宣長の出身地でもあります。
近くの斎宮(さいくう)駅には斎宮歴史博物館があり、斎宮の生活や当時の人々の話し方を再現した映像などが見られます。

〔1日目〕 7月7日(土)
京都駅集合(09:30) → 近鉄京都駅発(10:00) → 近鉄松阪駅 → 昼食 → 本居宣長記念館・鈴屋 → 本居神社・松阪神社 → 松阪城跡 → 斎宮歴史博物館 → 斎宮跡・斎宮の森 → 二見浦 → 宿 → 夕食

〔2日目〕 7月8日(日)
朝食 → 二見興玉神社・夫婦岩 → 伊勢神宮外宮 → 昼食 → 神宮徴古館 → 伊勢神宮内宮 → 近鉄京都駅 → 解散(19:30)


参加される方は、お気をつけて。素敵な七夕の旅となりますように☆彡
来年も開催するかと思いますので、ご興味を持たれた方は、文学部事務室などの情報をぜひチェックしていてください。