第151回研究例会のお知らせ 

第151回研究例会を下記の日程にて開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

 日 時:9月10日(日)13:00~
 会 場:清心館 3階 533教室
 参加費:無 料

  ***** 題目・要旨 *****

◆『古事記』仁徳天皇条にみられる儒教思想
   ――「聖帝世」と「因無礼而、退賜」に着目して――
  立命館大学大学院博士課程前期課程  吉川 益弘

 本発表では、『古事記』仁徳天皇条において、仁徳天皇の聖帝伝承、及び大后石之日売命が女鳥王の叛逆を咎める話に着目し、先行研究により指摘される儒教思想の影響の実証性について、再検討する。
 その際、『古事記』仁徳天皇条の中で、「聖帝世」「無礼」の二つの儒教的色彩の強い語が記される箇所から、それぞれが具体的にどの儒教経典の記述・思想と対応するのかを明らかにすることにより、先行研究に指摘される儒教思想の影響が確かなものであることを示したい。
 

◆谷崎潤一郎「ハッサン・カンの妖術」論
   ――「ハッサン・カン」の〈魔法〉について
  立命館大学大学院博士課程前期課程  カ シュリン

 「ハッサン・カンの妖術」は、大正6年11月に「中央公論」に発表された作品である。先行研究では、芥川龍之介の「魔術」(『赤い鳥』、大9.1)と比較し、両者の相違について論じるのが主流である。同じくインドを題材にした「玄弉三蔵」(「中央公論」、大6.4)と「ラホールより」(「中外新論」、大6.11)への注目は少ない。本発表では、「玄弉三蔵」と「ラホールより」をサブテキストとして、インド思想をめぐる同時代の言説に着目しながら、「霊魂」を肉体から離脱させるという「ハッサン・カン」の〈魔法〉について考察していきたい。


◆『夜の寝覚』の手紙
  立命館大学大学院博士課程後期課程  池田 彩音

 『夜の寝覚』は、平安時代後期に作られた物語である。この物語は、一貫して一人の女君を中心に据えて物語を進めていった点に特徴がある。男君に比べて行動範囲や交流範囲も限られた女君を中心人物とする上で、物語はどのような工夫を施したのだろうか。
 本発表では、空間や時間の隔たりを縮める役割を担う手紙に着目し、分析を行う。その上で、物語展開における手紙の機能を明らかにし、女君に焦点化していく物語の方法について提示する。


◆『愚管抄』の幼学性――受け継がれる「権者」の系譜――
  近江高等学校常勤講師  児島 啓祐

 『愚管抄』は、摂関家出身の天台僧慈円が承久の乱直前に著した歴史の注釈書である。従来指摘されてきた通り、『愚管抄』には、歴史上の重要人物と、その系譜に連なる語り手自身を「権者」(仏菩薩の仮の姿)として捉える態度が認められる。本発表では、これまでの成果を踏まえた上で、読者を「権者」へと成長させようとする『愚管抄』の幼学の意識を読み解いていきたい。注釈としての『愚管抄』の特質は、「仏法」と結びついた幼学性にこそ見出されるのである。