「論究日本文學」第96号発刊のお知らせ 

「論究日本文學」第96号が発刊されました(2012年5月)ので、お知らせします。
第96号は彦坂佳宣教授退職(現特任教授)に伴い、退職記念号として、各方面の先生方に多数寄稿していただきました。
いつもより増頁し、充実した内容となっておりますので、ぜひご覧ください。

〔巻頭言〕清徳の人―彦坂佳宣先生をお送りする― 中西健治
近世中頃の中国地方山間部における格助詞ノとガの用法
  ―「石見方言茶話」「田植歌」の考察から―
彦坂佳宣
吉野秀政著『神国愚童随筆』と民間説話 真下厚
与謝野晶子「君死にたまふこと勿れ」論争の周辺
  ―〈私情〉のゆくえ―
田口道昭
中島敦「山月記」論
―唐代伝奇「人虎伝」と作品の人物・舞台設定を視座として―
橋本正志
一青年の日記―「諏訪部日記」のこと― 中西健治
岡本潤の戦中・戦後―『襤褸の旗』の頃― 村田裕和
大岡昇平手稿「俘虜記」の考察
  ―僚友・「私のプライド」・俘虜の〈恥〉―
花﨑育代
水上勉の〈京都〉―「雁の寺」の視線― 瀧本和成
近世以降の東西方言における禁止表現の史的研究
  ―当為表現との関わりから―
湯浅彩央
「青い煙」の形象―教材「ごんぎつね」最終文の解釈― 安直哉
横光利一「無礼な街」論
  ―「孤独な純情の生活」を視座として―
八原瑠里
『航米日録』巻一~巻五の漢字について 浅野敏彦
京都市方言の接続助詞・終助詞「シ」の用法 舩木礼子
助数詞に見る意味分野別語彙構造
  ―「一つ」と「一個」との比較を通して―
陶萍
日本における電子出版の進展と図書館の役割 湯浅俊彦
〔書評〕坪内稔典『正岡子規 言葉と生きる』を読む
      ―言葉に留まるということ―
青木亮人
〔書評〕村田裕和著
     『近代思想社と大正期ナショナリズムの時代』
大和田茂
〔書評〕外村彰著
     『岡本かの子 短歌と小説―主我と没我と―』
渡邊浩史
〔書評〕貴司山治研究会・編『貴司山治研究』 池田浩士
→『論究日本文學』Web公開サイト