第57回立命館大学日本文学会大会のお知らせ  

下記の通り、第57回立命館大学日本文学会大会を開催いたします。
多数の方々のご参加をお待ちしております。

日時: 2013年6月9日(日) 10:00~17:30
会場: 立命館大学衣笠キャンパス 以学館3階 31号教室
              → 衣笠キャンパスマップの(4)番を参照
内容:
◇ 研究発表
 午前の部 ( 10:00~12:15 )
  梛木 慎太郎 (立命館大学文学研究科博士前期課程)
    佐多稲子とプロレタリア文学運動
       ―「キヤラメル工場から」「目見得」を中心に―          
  栗山 雄佑 (立命館大学文学研究科博士前期課程)
    桐山襲「神殿レプリカ」論
       ―作品内の「物語」について―  
  庄 婕淳 (立命館大学文学研究科博士後期課程)
    『とりかへばや物語』論
       ―「ただならぬ」ことに関して―
                     
 午後の部 ( 13:00~15:15 )
  本多 潤子 (立命館大学非常勤講師)
    『治承三十六人歌合絵』の三断簡
      
  陳 暁静 (立命館大学文学研究科博士後期課程)
    類義語としてのカタカナ語・漢語の意味相違
       ―「ケア」と「介護」についての考察―
  湯浅 俊彦 (立命館大学文学部教授)
    デジタル・ネットワーク社会における書店と図書館
       ―電子出版の取扱いをめぐって―
                
◇ 講  演 ( 15:30~16:30 )
  中西 健治 (立命館大学文学部特任教授)
   源氏物語から浜松中納言物語へ―独詠の周辺―
                          
◇ 総  会 ( 16:40~17:20 )
◆ 懇 親 会 ( 17:30~19:30 )
 会場: レストランカルム
 会費: 5,000円(学部生・院生3,000円)