【案内】2014年度立命館大学大学院 文学研究科行動文化情報学専攻 「文化情報学専修」広報企画ワークショップ 

立命館大学大学院 文学研究科 行動文化情報学専攻より、 「文化情報学専修」広報企画連ワークショップの開催のご案内です。

(以下、元ページより転載)



出版メディアとデジタルアーカイブ
     :破壊か?共存か?


ゲスト: 赤間 亮(立命館大学文学部教授)
     湯浅俊彦(立命館大学文学部教授)

日時: 2014年6月23日(月) 18:30-20:30
場所: 立命館大阪梅田キャンパス
       5階 演習室Ⅱ・多目的室(定員60名)
参加: 予約不要・参加費無料

※ 一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
(Ustream: http://www.ustream.tv/channel/dh-jac-ustream-tv


【概要】
これまで出版社が行ってきた復刻・影印などの文化財の複製事業は、1つのビジネスモデルを形成してきた。ところが今日のデジタルアーカイブの進展は、そのような出版ビジネスに大きな影響を与えつつある。
赤間亮氏からは、立命館大学アート・リサーチセンターが行ってきた海外文化財をデジタルアーカイブ化で確立した「ARCモデル」について、また、湯浅俊彦氏からは、電子出版と電子図書館をめぐる現状と課題について具体的な事例報告を行い、まもなく訪れるであろう決着するであろう出版メディアとデジタルアーカイブの将来像について考えて行きたい。


主催: 立命館大学大学院 文学研究科
共催: 日本出版学会関西部会
    アート・ドキュメンテーション学会関西地区部会
協力: 立命館大学 アート・リサーチセンター
問合せ: 立命館大学文学部事務室
〒603‐8577 京都市北区等持院北町56‐1
TEL: 075‐465‐8187(月~金 9:00~17:30)