「論究日本文學」第100号発刊のお知らせ 

「論究日本文學」第100号が発刊されました(2014年5月)ので、お知らせします。
今号は、第100号記念号として、長らく日本文学会・日本文学専攻を支えてくださった諸先生方に、一文を寄せていただきました。
また、現在の専任教員・卒業生による研究論文も多く掲載され、100号を飾るにふさわしい内容となっております。 どうぞご覧くださいませ。

〔巻頭言〕 『論究日本文学』一〇〇号を記念して 田口道昭
 一〇〇号に寄せて
立命館大学日本文学会創立の頃 芦谷信和
日本文学会の思い出
   ――共同研究室のことなど――
伴利昭
思い出すことなど、二、三
   ――『論究日本文学』一〇〇号によせて――
木村一信
日本文学会などの思い出 中西健治
 論 文
古代日本国の「神力」
   ――善珠の注釈活動を中心に――
渡部亮一
三方沙弥万葉歌の『古今和歌六帖』における伝承と受容 田頭正浩
『无上法院殿御日記』研究序説 川崎佐知子
「十雪詩」のゆくえ 中本大
貴船社歌合は上賀茂神社で詠まれた 三浦俊介
『異本義経記』の女性像
   ――静を中心に――
山本淳
能本《姨捨》の作者 味方健
石塚豊芥子『花江都歌舞妓年代記続編』
   ――近世後期における歌舞伎興行記録の一様相――
倉橋正恵
石川啄木「時代閉塞の現状」の射程
   ――〈青年〉とは誰か――
田口道昭
大岡昇平「野火」手稿
   ――『展望』初出第三回分について――
花﨑育代
坂口䙥子・〈蕃地〉小説の世界
   ――熊本時代の執筆活動を中心に――
楠井清文
尊敬語補助動詞類の分布とその史的経緯
   ――『方言文法全国地図』「書きますか」を主として――
彦坂佳宣
外来語語末長音の表記のゆれについて 小椋秀樹
読書アクセシビリティの保障と大学図書館
   ――所蔵資料テキストデータ化をめぐって――
湯浅俊彦
〔書評〕二本松泰子著『中世鷹書の文化伝承』 中澤克昭
〔書評〕中西健治著
   『杜陀日記の研究―近世僧侶の旅日記―』
林和利
〔新刊紹介〕末次智著
   『琉球宮廷歌謡論 首里城の時空から』
鈴木耕太郎
〔新刊紹介〕外村彰氏著
   『犀星文学 いのちの呼応――庭といきもの』
八原瑠里