「論究日本文學」第102号発刊のお知らせ  

「論究日本文學」第102号が発刊されました(2015年5月)ので、お知らせします。
第102号も充実した内容となっておりますので、ぜひご覧ください。

複合動詞後項の表記の経年変化
   ――BCCWJを資料として――
小椋秀樹
陽明文庫蔵『一乗院宮御茶湯』をめぐって
   ――修練時代の近衛家凞茶会記――
川崎佐知子
〔書評〕野村幸一郎著『白洲正子 日本文化と身体』
   ――文明批評家としての白洲正子――
伊藤典文
〔新刊紹介〕中西健治著『茶屋峠』須藤圭