【レポート】第59回立命館大学日本文学会大会 

第59回立命館大学日本文学大会は、予定通り盛会裏に終了しました。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

大会の様子の一部を、写真と共にご紹介します。

10時より、昨年度の卒業生、及び院生・会員による研究発表が行われました。
多くの学部生も参加し、会場内は非常に盛況となりました。
taikai1.jpg

いずれも非常に興味深い内容で、聴講にきた多くの学部生の指針となるような内容でした。
taikai2.jpg


研究発表の後は、京都教育大学名誉教授・佛教大学名誉教授であり俳人でもいらっしゃる坪内稔典先生をお招きし、
句作などについてお話いただきました。
taikai3.jpg
会場内の参加者から俳句を募って句作の楽しさについてお話され、和やかで活気のある講演となりました。


学会終了後は、末川記念会館地下のレストランカルムにて、懇親会が行われました。
taikai4.jpg


なお、会場にお越しくださった会員の方には『論究日本文学』最新号の102号をお渡ししました。
残念ながらお越しになれなかった方には、後日お送りいたしますので、今しばらくお待ちください。