第147回研究例会のお知らせ 

第147回研究例会を下記の日程にて開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

 日 時:4月10日(日)13:00~
 会 場:清心館 3階 533教室
 参加費:無 料

  ***** 題目・要旨 *****

◆新美南吉・晩年の少年小説
  立命館大学大学院博士課程後期課程  郗 子 

 新美南吉は、大正・昭和年代の代表的な童話作家の一人として知られ、今でもその代表作である「ごん狐」や「おじいさんのランプ」などが小中学生の教科書に掲載されている。また、童謡詩人としても名高く、童謡や詩においても多くの名作を残した。しかし、彼は主戦場であった児童雑誌「赤い鳥」を離れた後、小説創作を試み、後年から晩年にかけて、幾つかの少年小説作品を書いた。この中では、童話や童謡などと違って、従来高く評価されてきた作品は殆どなかったが、この時期の南吉の関心や意識の変化を明らかにするための重要な手がかりになると思う。さらに、これらの作品を通して、童話が黄金時代を迎え、そして少年小説に激しく対抗していた時期からそれ以降、日本の児童文学はどう発展していったのかについて考察したい。


◆「祇園牛頭天王縁起」の世界
  立命館大学大学院博士課程後期課程 鈴木耕太郎

 疫神かつ防疫神として知られる牛頭天王への信仰は、中世から近世期にかけて日本各地に広まったが、その信仰の中心的な拠点の一つに京の祇園社(現・八坂神社)があげられる。この祇園社における牛頭天王への信仰の由来を説くテキストが「祇園牛頭天王縁起」(以下、「祇園縁起」と略)と呼ばれるもので、現在確認できるだけでも漢文体で記されている真名本五種と仮名本三種の計八本の「祇園縁起」がある。
 先行研究でも取り上げられているこれら「祇園縁起」だが、その取り上げられ方は縁起の概略の説明に終始しており、内容については詳しく検討されていない。本発表では、真名本の中で最も整っているといわれる近世初期に写された内閣文庫蔵の林家旧蔵本「祇園牛頭天王御縁起」を用いて。その内容の分析を行うことを主眼に置く。


*例会終了後、15:00~ 評議員会を行います。