【レポート】第60回立命館大学日本文学会大会 

第60回立命館大学日本文学会大会は、予定通り盛会裏に終了しました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。


大会の様子の一部を、写真とともにご紹介します。

研究発表は、昨年度の卒業生、院生、海外からお招きした研究者による4本が行われました。
様々なアプローチからの発表に関して、学部生含め、活発な質疑応答が交わされました。
taikai60-1.jpg

研究発表の後、 野村倫子先生がご講演くださいました。
意識的に季節が構成されている『狭衣物語』の世界観を、『狭衣物語』に馴染みのない人にもわかりやすく示してくださいました。
taikai60-2.jpg

学会終了後は、末川記念会館地下のレストランカルムにて、懇親会が行われました。
taikai60-3.jpg

なお、会場にお越しくださった会員の方には『論究日本文学』最新号の104号をお渡ししました。
残念ながらお越しになれなかった方には、後日お送りいたします。今しばらくお待ちください。